Train-Fishing

首都圏在住、国内遠征をベースに釣りをしています。

Bright Chrome!

こんにちは、まいねです。先日YouTubeで北欧アトランティックサーモンのフライフィッシングがお勧めに表示されたので、視聴してみました。 www.youtube.com 形状と婚姻色が私に刺さらないためアトランティックサーモンを釣ることには興味がありませんが、映…

ヤクタットのスチールヘッド遡上数

こんにちは、まいねです。アラスカ州ではサーモンやスチールヘッドという重要な資源の遡上状況を公開しています。本記事では今年のヤクタット・シータックリバーのスチールヘッド遡上状況を見ていきたいと思います。 ADF&Gのサイト はじめに遡上数が公開され…

【朱鞠内湖】湖面の違和感

然別湖から新千歳に向かう途中に友人と別れ、私のみ朱鞠内湖へ向かった。朱鞠内湖では1度釣りをしてみたいと思っていた。朱鞠内湖のような壮大な景色のなかで釣りをするのは国内では他にないだろう。私はアメマス信奉者のため北海道には結構訪れているのだ…

【然別湖】宝石ミヤベイワナを狙って

冬に数少ない釣りをする友人と飲んでいた時に、今年も一緒に北海道に行かないかという話になった。私は春から休職する予定だったので、春から夏にかけての北海道の釣りに関して説明すると然別湖に興味を持ったようだった。然別湖であればボートで湖の真ん中…

【2024年ヤクタット遠征】ヤクタットから日本へ

ヤクタットから日本に向けて出発する日。荷物を纏めて、朝食を済ませると9時になっていた。ロッジのWi-Fiが使えるうちにシアトルのホテルへチェックイン時刻が遅くなるとメールする。ロッジのオーナーに空港に送迎してもらい日本への帰路に入る。オーナーか…

【2024年ヤクタット遠征】4日目-新しい魚-

釣り最終日。ここまでの釣果はスチールヘッド10本にドリーバーデンが8本。最後にスチールヘッド数本とドリーバーデン2匹程度を釣り上げたいところだ。あとは自分のタックルにスチールヘッドが運よくバイトすることを願う。最終日は晴れ模様であったが、…

【2024年ヤクタット遠征】3日目-自分のタックルで-

釣り3日目。この日も午前3時には目が覚めた。午前3時といっても既に明るい。オンライン英会話でユーコン滞在経験のある先生が午前2時から3時になると小鳥が囀り起きてしまうと言っていたが、その通りだった。この日の天候は一日曇りでほとんど雨は無し…

【2024年ヤクタット遠征】2日目-晴天のアラスカと貧果-

釣り2日目。前日はとてつもない睡魔に襲われ現地時間8時過ぎには寝てしまったのだが、午前2時には目が覚めた。体のリズムが整わないが、6時からランチを準備する。この日は気持ち良く晴れたが、これはマイナスとみていた。太陽光を嫌ってハイウォーター…

【2024年ヤクタット遠征】初日-ハイウォーターのスチールヘッド-

時差ボケのなかでなんとか眠りについたが、現地時間1時には目が覚めてしまった。体のリズムが崩壊している。ランチを持参するので6時から準備を開始する。お茶かお湯を水筒に入れ、適当にパンとナッツをジップロックに詰めて完成だ。これを4日間続けた。…

【2024年ヤクタット遠征】移動日-コンビニのような空港-

成田空港から9時間、シアトル空港は快晴で富士山より高いレーニア山が迎えてくれた。預託荷物を無事受け取り、最初の関門である入国審査へ向かう。食料を持ち込んでいるため、聞かれたら詳細を答える必要があるのだ。入国審査官には今日はシアトルに滞在し…

【2024年ヤクタット遠征】釣りの準備について

こんにちは、まいねです。前回の続きで今回は釣りの準備について記載します。 フィッシングライセンス 私はオンラインで事前に取得しました。2024年、日本人は一週間で45ドルです。ドル円150円ちょっと考えると7000円で、日本の漁協管理河川の…

【2024年ヤクタット遠征】釣り以外の準備について

こんにちは、まいねです。今回からヤクタット遠征の準備について2記事に分けて掲載します。最初は釣り関係以外の準備についてです。出入国関係 ここで言うまでもなくアメリカ入国にESTAは必須です。あとはビジットジャパンの登録もしておきました。コロ…

【2024年ヤクタット遠征】ヤクタットを選定した理由

こんにちは、まいねです。2024年ヤクタット遠征について書いていきます。今回は遠征先の選定理由です。今年の最大目標は海外のイワナである北極イワナとドリーバーデンをフライフィッシングで釣ることです。最初に挑戦するのはドリーバーデンです。 ドリ…

アラスカのヤクタットに行ってきました。

こんにちは、まいねです。10日間ほどの日程でアラスカの南東部ヤクタットに単独で釣りに行ってきました。 釣りを目的とした海外は初めてでかなり緊張感がありましたが、いろいろなんとかなって今日帰国しました。釣行のターゲットはドリーバーデンとスチー…

ガイドや船長の釣りを観察すること

こんにちは、まいねです。手配したガイドや遊漁船の船長が釣りをするというケースはよくあることです。魚の反応チェックや手本を見せるなど目的はさまざまかと思いますが、個人的にはガイドや船長が釣りをしている場合はよく観察することをお勧めしたいと考…

黒色のスプーン

こんにちは、まいねです。トラウトを川か湖でスプーンで狙う場合、私はよく両面黒色のスプーンを使用します。今回はこの件について考えてみたいと思います。 川の場合 川で黒色のスプーンというのは、単純に流下している水生昆虫に見える可能性があるのでは…

【北海道】初夏の陽気と鬼

こんにちは、まいねです。先日は今年最初の北海道へ。河川は雪代真っ盛りの時期ですので、アメマスを狙って数日間とある湖をやり切ることに。4月の北海道とかまだ極寒だろうと思っていたら歴史的な暖気が入り込み、初夏の陽気でした。水温上昇は良くないか…

三陸の伝説

こんにちは、まいねです。もうかなり昔のことになるのですが、私の出身である東北地方の三陸地方のとある河川には謎の大魚が海から遡上しているという噂がありました。その魚はあまりにも大きく強いため誰にも釣ることができないという釣りキチ三平の世界の…

カワマスとアメマスの交雑

こんにちは、まいねです。ややセンシティブな話題ですが、タイトル通りカワマスとアメマスの交雑について書きたいと思います。北海道では特定の水系にカワマス(ブルックトラウト)が存在していて、アメマス(エゾイワナ)との交雑が問題になっています。こ…

釣果写真における失敗例

こんにちは、まいねです。首都圏は桜が満開になりまして、私もそろそろ釣りシーズンインというような気持ちになっています。今回は釣果写真における失敗例について書きたいと思います。先日容量削減のためiPhoneの写真を整理していたのですが、ピンポケや魚…

スチールヘッド用タイトラインリーダーの作成

こんにちは、まいねです。今回はスチールヘッド用タイトラインリーダー作成に関する記事ですが、あまりなじみが無い話題だと思いますので、まずは前提事項から書いていきたいと思います。 レイクラン型スチールヘッド 以前、北米にはスチールヘッドをレイク…

2024年3月のポートフォリオと休職について

こんにちは、まいねです。年度末となりましたが仕事はひと段落していまして、タイトルにある通りこれを機に休職する予定になっています。休職については後半で記載するとして、まずは2024年3月時点のポートフォリオ掲載です。 株高と円安は継続していま…

放流魚で2024年始動

こんにちは、まいねです。先日は友人と今年初めての釣りに渓流へ。渓流といっても、基本成魚放流の場所ということでモチベーション高くない私はフライフィッシングの練習メインにやりました。まぁ、野球でいうオープン戦みたいなものでしょう。当日は寒気が…

フレンチニンフのタイイング

こんにちは、まいねです。年度末ですね。ここ最近は花粉がピークかなということで引きこもり生活をしていまして、英語学習とフライタイイングに時間を使っています。今回はフレンチニンフのタイイングについて書きたいと思います。 www.youtube.com 欧州には…

ソフトハックルニンフのタイイング

こんにちは、まいねです。引き続きタイイングの記事です。今回はソフトハックルのニンフを巻くことにチャレンジしました。正確なパターンの名前はわからないのですが、以下の動画を参考に作成しました。 www.youtube.com 前回のPerdigonよりはフライっぽいも…

Perdigonのタイイング

こんにちは、まいねです。最近ちょっとフライのタイイングでもしてみるかという気分になりまして、いろいろ安価に最低限のタイイングツールを揃えました。初回は使用頻度が高く簡単そうなフライから始めようということで、Perdigonというフライパターンのタ…

釣りと英語

こんにちは、まいねです。また、更新期間が多少空いてしまいました。冬場はあまり外にも出ませんし、あまり話題がないですからね。そろそろ花粉の季節ということで、憂鬱な時期が始まりそうです。ほぼリモートワークと言っても洗濯物に花粉が付いたり、ラン…

なぜフライフィッシングだけが許されるのか

こんにちは、まいねです。以前、世界にはネイティブ・ワイルドの魚を釣る場所でもフライフィッシングのみが許可されるケースがあるという記事を書きました。 train-fishing.hatenablog.jp 今回は「なぜフライフィッシングだけが許されるのか」について深掘り…

同じ番手のフライロッドを持つ意味

こんにちは、まいねです。フライロッドの所有本数が徐々に増えてきているのですが、表記上は同じ番手のロッドを複数の組み合わせで所有しています。これはどういうことなのか書いてみたいと思います。 表記は同じ番手でも まず同じ番手で所有しているフライ…

2024年1月のポートフォリオ

こんにちは、まいねです。年末年始をガッツリ休んだ影響で仕事に追われていたことに加えて、海外遠征釣行を計画する関係で仕事の調整などもあり、ブログ更新をサボっていました。本記事をきっかけにしてまた週1~2回程度の更新を再開していければと思いま…