Train-Fishing

マイカー無しで釣りをするものの末路。木崎湖スモールマウスや石垣島ライトがメインです。

ワールドシャウラ2653R-3の1年使用レビュー

こんにちは、まいねみとです。

今回は購入してから1年くらい経ったワールドシャウラ2653R-3について使用後レビューという形で記事にしたいと思います。

1年間使用してみて

このロッドは石垣島のような南国のライトゲームでガーラ系やフエフキダイ系をトップウォーターで狙うことを想定して購入しました。
f:id:nenashilife:20211001203219j:plain
実際数回の遠征でカスミアジやマングローブジャック、ムネアカクチビなどを釣り上げることができ、なおかつ強烈な引きに負けないパワーを持っていますね。

購入直後はかなり固そうなロッドだなーと思いましたが、魚がかかるとしっかり曲がってくれて固い棒というような感じはないです。
とはいえ2番クラスと比較すると明らかにティップも太く強いロッドです。
f:id:nenashilife:20201002140200j:plain
結論、ワールドシャウラ2653R-3は南国リーフシャローのライトゲームやボートロックフィッシュといった「根と隣り合わせで魚に主導権を与えてはいけないような釣り向け」です。

少々特殊な環境下で強みを発揮するためかあまり売れている印象はないロッドですね笑

また、私は2653R-3は基本的にソルトでの使用で淡水環境では使用しません。
以下、対象魚ごとの使用感を記載します。

対象魚ごとの使用感

トロピカルフィッシュ(リーフフィッシング)

冒頭に書いたようにボートからの南国でのライトゲーム(リーフフィッシング)には最適です。
f:id:nenashilife:20210409172712j:plain
この釣りをされる方にはなんとなく伝わると思うのですが、2番クラスだと良型の魚が来た際に根に持ってかれないか少々不安なんですよね^^;

特にタマンやムネアカクチビなどはかなりトルクのある引きをして根に行こうとするのでロッドの助けがあったほうが取り込める確率は上がると思います。
魚が根に向かい始めたときはほとんどリールを巻けなくなりますからね。

私はいつもカスミアジ狙いでPE2号に50ポンドリーダーのシステムでロックウォーク110Fのような11~13センチのダイビングペンシルを付けて使用しています。
6.6フィートのレングスなので取り回し良くダイビングペンシルのロングジャークは結構楽にできますね。

仕様上のルアーMAXウエイトが30gということでバイブレーションやスピンテールのリフトアンドフォールの釣りにも使えます。
ボートをチャーターしてのリーフフィッシングで1本でいろいろやるならこのロッドという感じです。

ボートシーバス

ボートシーバスにおいては、フッコ(40~50)くらいのサイズの魚だとロッドが硬いからか結構バイトを弾く印象です。
f:id:nenashilife:20201213193605j:plain
ですので、ワールドシャウラ2653R-3をボートシーバスで使用する場合は、大きめのルアーを多用するシーバスのアベレージが大きなる時期(東京湾で言えばコノシロの時期)がおすすめです。

70くらいのシーバスがバイトすると結構ガッチリかかってくれる感じですし。
f:id:nenashilife:20201213193654j:plain
メガバスKANATAのような30g前後のミノーは気持ちよくキャスティングできるロッドです。

体感ですが、ウェイキーブーのような50gくらいのルアーまでは使用できると思います。

他の選択肢について

ワールドシャウラ2653R-3はレングスが6.6フィートなので飛距離とか考慮して同じくらいの固さで長さが欲しいという人もいそうですね。
その場合、ウォーターランドからブラックダイヤモンドS703という番手が発売されていますので、そちらをお勧めしたいと思います。

ワールドシャウラと同じように村田基さん設計で仕舞寸法も130センチということで遠征にも持って行きやすいと思います。


総括すると、ワールドシャウラ中でも特殊な番手で汎用性は欠けるけれでも南国リーフシャローやボートシーバスで大きめのミノーやバイブレーションを使用する場合に向いているロッドです。

石垣島遠征時かボートシーバスでしか出番がありませんがとても満足して使っています。

初めて入手したワールドシャウラということで思い入れもありますし、海外で相応の魚と対戦してみたいなぁという想いもありますね。

それではノシ