Train-Fishing

マイカー無しで釣りをするものの末路。木崎湖スモールマウスや石垣島ライトがメインです。

スコーピオン2652R-2の1年使用レビュー

こんにちは、まいねみとです。
この連休は今年最大の遠征を計画をしていましたが、台風接近でキャンセル・・・モチベを失って引きこもっていました^^;

最近釣りに行けていませんので、今回は購入してから1年くらい経ったスコーピオン2652R-2について、いろいろと使ってみた印象などを使用後レビューという形で記事にしたいと思います。

1年間使用してみて

ボートシーバスメインでの使用を想定して購入しましたが、PE1.5号くらいまでのソルトのライトゲームシーンでとてもバーサタイルに使える印象です。
特に南国でのライトゲームで50センチくらいまでのミーバイ・フエフキダイなどを狙う釣りにはもってこいだと思います。

スモールマウスでのセミルアーにも使用しているのでバスにも使えますし、淡水・ソルト問わず使用できるとても良いロッドだと思います。

また、スコーピオンは昔(ブルー)のワールドシャウラの設計を基にしてますからキャスト感もとても良いのも特徴だと思います。

以下、対象魚ごとの使用感を記載します。

対象魚ごとの使用感

トロピカルフィッシュ(リーフフィッシング)

私的に、このロッドで最も活躍しているジャンルです。
ジャークソニックやガラスライドなど10センチ前後のミノーやペンシルベイトを使用してリーフフィッシングを楽しむには最高のロッドだと思います!
f:id:nenashilife:20210409172044j:plain
前述のルアーで飛距離も問題なくでます。
私は30ポンドのリーダーを南国ライトで使用していますがガイド抜けも問題ないですね。

この釣りでは突然えげつないトルクのある引きをするタマンやムネアカなどのフエフキダイ系の魚がバイトするケースがありますが、そうした魚にも対応可能です。

実際このロッド購入後、最大の勝負場面はロクマル近いムネアカクチビを釣った時です。
f:id:nenashilife:20210912134624j:plain
この魚はブレイク上でバイトさせてゴリ巻きしていたら突然強烈に引きはじめてリールが巻ける状態でなくなりました。

フロントグリップ持ってポンピングしないと根に行かれてしまう状況でしたが、ロッドのパワーを使ってなんとか持ち上げ続けて取り込むことができたという感じでしたね。
f:id:nenashilife:20210912134725j:plain
この時に使っていたガラススライド95Fです。
STX-58にフックを補強してましたが、無残に曲げられていました・・・引きの強烈さを物語っています。

シーバス

ボートシーバスでの使用するスピニングロッドとしては最適解だと思います。
ミノーやバイブレーションをはじめとしてジグヘッド等々いろいろなルアーを使用可能です。f:id:nenashilife:20210208171134j:plain
MLからMあたりのバスロッドと比較するとスコーピオン2652R-2のほうがパワーがありますし、ガイドも大きめのものが付けられてますので20~30lbあたりのリーダーを使用してもキャスティングが容易です。
また、穴打ちなんかにも使いやすいです。

ちょっと重めにはなりますがウエイキーブー(48g)あたりもアンダーハンドキャストであれば投げられなくはないです。
ただしおかっぱりからシーバス狙う場合は本ロッドでは短いので別の番手を検討すべきですね。

スモールマウス

私はこのロッドでまともなサイズを釣ったことがないのですが、友人がPEシステムでセミルアーを使用して45クラスを楽々釣っていました。
シャッドやミノー、小型セミ系ルアーには使えると思います。

まぁ、スモールにも全然使えますがスモールの引きを楽しむという面では強すぎる感じですかね。

2702R-2とどちらを選ぶべきか

長さが6.6フィートですから、おかっぱりだと少々短いかもですね。
私としてはボートからの使用がメインと想定して購入しましたので問題ないですが、野池のバスとか小規模河川のシーバス、漁港での何かのようなおかっぱりゲームもやるというのであれば2702R-2の方が良いかもしれません。

あと、ボートからでも飛距離をより重視するなら2702の方を選択するというのもありだと思います。


総括すると、ボートからのシーバスやライトゲームで使用するには最適解の一つだと思います。
価格帯としても25000円くらいで購入できますので、最初の1本としても良いかもしれませんね。

ワールドシャウラは高いですし・・・^^;

それではノシ