Train-Fishing

マイカー無し釣り人の末路

【木崎湖】夏(6~8月)の木崎湖攻略

こんにちは、まいねみとです。
今年は春~冬の木崎湖攻略についてシリーズ記事を書くのが本ブログの目標になっています。
季節ごとの木崎湖攻略記事リンクはこちらから。

季節 春(3-5月) 夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12月)

今回は、夏の木崎湖攻略について書きたいと思います。
予定では5月下旬にアップする予定でしたが、いろいろあり・・・もう夏が始まってる段階ですね笑
毎度のことで攻略記事ですが、個人的な振り返り的な要素もあるので、ご容赦ください。

はじめに木崎湖の大まかなポイントマップを掲載しておきます。

f:id:nenashilife:20200209191731p:plain
本ブログの木崎湖釣行・攻略記事では、このマップに記載されているポイント名が基本になります。

以下、夏の木崎湖攻略です!
1.夏の木崎湖実績ポイント(2019年)
昨年夏の木崎湖の個人的な実績エリアは以下になります。
f:id:nenashilife:20200617171604p:plain
釣行結果は以下の通り、昨年はだいたい月1で遠征してました。

釣行回数/日数 40UP
6月 1回/2日 3匹(MAX45.5cm)
7月 1回/2.5日 3匹(MAX41.0cm)
8月 1回/1.5日 0匹(MAX39.5cm)

ポイントの基本的な考え方は以下の通りです。

 ・6月はシャロー居残り組が結構いるのでディープに拘る必要はない
 ・7~8月は良型のシャロー組が激減、7~8mのベイト回り

6月はシャローにそこそこ良型の魚が残っている印象です。
アフター回復組がエビを食っていたり、ベイトをおっかけてたりするので、定番のキャロ・ダウンショットで深めをせずともプロップベイトやミノー、エビ系ワームで魚を取ることができると思います。
水温上昇とともにシャローから良型は姿を消し、7~8月にはディープ主体の釣りになりますね。ただ、朝とか夕立とか雨のタイミングで良型がトップでなんてこともあるので、タイミング次第ではやってみる価値もありそうです。

2.夏の木崎湖で有効なメソッド
夏の木崎湖メインメソッドは、ライトキャロ・ダウンショットです。
まぁ、ディープのライトリグならなんでもという感じなので、ネコリグとかでもおkです。
フリーリグやフットボールも昨年は良く釣れていたみたいですが、私は苦手です・・・

6月は、これにビッグベイトとかプロップベイト(漂わないI字系)、ノーシンカーなんかでバイトが見える釣りをできる用意する感じですね。

木崎湖ですが、基本的には全面ウィードが生えますので、ライトリグだと引っかかるとの印象もあるかと思います。
ウィード回避のためにキャロであればシンカーを軽くする、ダウンショットであればリーダーを長くする、ネコならスナッグレスにするなどの対策をすると良いと思います。

参考までに私のライトキャロのセッティングを以下に記載します。
【ライトキャロ(ドラッキング仕様)】
 ・ロッド:エバーグリーン PSSS-70S Dアタッカー
 ・ライン:東レ_エクスレッド3lb
 ・リーダー:バリバス_ライトゲーム3lb
 ・シンカー:スタジオワンハンドレッド_ラウンドショット0.9g
 ・フック:リューギ_フォグショット#8

シンカーを0.9gと極軽量にすることで、ウィードに乗っける感じで引っかかるのを回避します。(ウィードにシンカーが沈まないイメージ)
シンカーが極軽量のため、ロッドはXULとかライトキャロ専門ロッドが良いと思います。

3.春の木崎湖お勧めルアー
【ライトリグ(キャロ・ダウンショット)】
ソアリンシャッド

ひとまずこれだけ有ればよいというくらい信頼を置いているワームです。
前述のライトキャロセッティングにマスバリちょんがけで使用して、極力ゆっくりドラッキングします。
1.8インチのカラーはブラック推奨です。

このソアリンシャッドが凄いのは、縦に割ってダウンショットにすると小魚を演出することができるという点です。(通称:縦割)
具体的な動きは以下の動画を。

www.youtube.comまさに小魚という感じですね~、ワカサギ当歳魚にマッチすると思います!

ということで、ソアリンシャッドがあればキャロもダウンショットも可能です。
その時々でボトムから浮いているものが良いのか、べったりの方が良いのかありますので、反応みながらキャロとダウンショットを使い分けてみてください。

【I字系(漂わないタイプ)】
シンゴスクリュー等のダブルプロップベイト
I字系ですが、ワカサギが産卵後死にかけで漂っているイメージとは異なり、一定のリトリーブでベイトが水面下をうろついているイメージですね。
私は、シンゴスクリューというJBTOP50のSHINGOプロがプロデュースしたルアーをよく使用します。
f:id:nenashilife:20200617170727j:plain
スローシンキングなので基本は水面下10㎝位を一定のスピードで巻いて釣ります。
シンゴスクリューは入手困難なので、レアリススピンベイトとかHMKLプロップキングとかでも良いと思います。
この手のルアーはチェイスするけどバイトしないパターンが多いです。
リトリーブスピードを僅かにゆっくりにするか速くするとか調整することでバイトに持ち込める場合もあります。(基本的には去る魚は諦めです・・・

【沈み虫】
RVバグ1.5等の沈み虫系のワーム

あまり聞かない木崎湖での虫パターンですが、沈み虫で良型を狙える時期が6~7月です。
こちらはガイドで教えてもらったものになりますので、詳しい狙い方やエリアなんかはぜひ、ユウキガイドサービスを利用してみてください^^
木崎湖ユウキガイドサービス

4.2020年に試したいメソッド
昨年の経験から、今年は夏の木崎湖でシャッドキャロを試したいと思います。
昨年9月下旬ある条件下でシャッドキャロで3連続バイト、取れたのは1本でしたが40アップキロオーバーのナイスコンディションでした。
10月はダメだったのですが、夏からいけるのではと思っていました。

木崎湖は、ウィードが全面なのでシャッドキャロのやり方・場所を煮詰める必要があるので、夏からいろいろと検証していきたいと思います。

以上、夏の木崎湖攻略でした。
本記事が少しでも参考になった方がいましたら幸いです。

それでは、ノシ

バス釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村