Train-Fishing

マイカー無し釣り人の末路

【桧原湖】何でも釣れるポテンシャルレイク

こんにちは、まいねみとです。
2週間ぶり・・・いろいろと仕事が忙しくなってきそうな感じで^^;

とはいえ、釣りはベストシーズンということなので、密かに桧原湖へ行ってきましたのでその模様を。

今回の桧原湖は、JBTOP50のSHINGOプロにガイドを依頼して、約1.5日の釣行でした!
f:id:nenashilife:20200708215139j:plain
シンゴスクリューを使用した釣りは勿論のこと、ライトリグからビックベイトまでいろいろとガイドをいただきました。
天気は釣りの最中は何とかという感じでしたが、片付けのタイミングで豪雨が来るなどなかなか厳しい時間帯もありましたね笑

今回はスクリューで30センチ前後の魚が連発する時間帯があり、表層炸裂しまくりで楽しかった笑
f:id:nenashilife:20200708215203j:plain
そして、念願だったスクリューを使用しての桧原湖40アップもゲットすることができました。
44センチのナイススモール、カラーは江戸桜!
f:id:nenashilife:20200708215231j:plain
スクリューは小バスから良型まで反応して、バイトシーンが見える本当に楽しいルアーですよ^^
入手困難なのですが・・・

ガイドの際にスクリューのペラを調節していただくのですが、なかなか同じようにできないんですよねー。
いろいろとかなり細かいところも教えていただきましたので、今後の参考にしたいです。
何せ木崎湖でも5月以降では、必ず最初に投げるルアーですからね笑

その他、少しライトリグ展開をお願いして、木崎湖の定番ソアリンシャッドのライトキャロ、縦割DSでもキャッチできました。
さらには先日の木崎湖で好調だったRVバグのサイトの釣りでもキャッチ!
f:id:nenashilife:20200708215509j:plain
私は小バスのみでしたが虫の反応も良好。(SHINGOプロはデカイの仕留めてました)
f:id:nenashilife:20200708215541j:plain
そして、ジョイクロでも!
f:id:nenashilife:20200708215753j:plain
チェイスやキスバイトなどなかなか乗せられない感じでしたが、いろいろと試行錯誤してジョイクロで何とか1本取らしていただきました。
ジョイクロは個人的には未知すぎるルアーだったので、セッティングや動かし方や狙い方などなどとても参考になりました。
自力で木崎湖でも釣ってみたいところです笑

とにかく、SHINGOプロの凄さと桧原湖のポテンシャルの高さを改めて感じる遠征でした。

そして、ハードルアーで釣るのは楽しいですねー^^
スモールのライトリグの釣りはステイに頼る場面も多いですが、ハードルアーだと巻く・ジャークする等々、自ら仕掛けていく場面が多くなるので、釣った感が増しますね笑(無論、ステイのタイミングや通すコースの選定は相当なやりこみが必要です。)

ハードルアーでスモールを釣るということであれば、SHINGOプロのガイドはおすすめです!

今度、木崎湖ハードルアー縛りをやろうかなと思います笑

それではノシ

バス釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

【木崎湖】40アップ5本の炸裂日!

こんにちは、まいねみとです。
6月20~21日の日程で木崎湖に行ってきましたので、報告します。

まず、釣果概要ですが・・・
20日は半日陸っぱりで3本。
21日はモダンボートさんから出船し、40アップ5本(MAX47cm)を含むトータル10本。

21日は個人的には炸裂ですね笑
ライトキャロに頼らず、いろいろな釣り方で魚をゲットできました。
40アップが釣れたポイントはこちら。

f:id:nenashilife:20200623215040p:plain
釣りの概要です。
・エビパターンが主流もエリアによってはワカサギも可
・サイトやミドルから浮かせるエビ食いバスの釣りが楽しい状況
・表層ダブルプロップベイトは不発

以下、詳細です。

6月20日 (土)
大町到着後、木崎湖陸っぱりへ。
確実に魚がいる場所で癒し系サイズを2本釣り、翌日の予習も兼ねて、東岸エリアを見ることに。
南エリアからレストランワンドを経由してジャカゴエリアまでチェック。
いろいろと試しながら夕方までに2バイト1フィッシュ。
f:id:nenashilife:20200623215845j:plain
長さは37センチでしたが、秋みたいなコンディションのデブデブスモールでした笑
ソアリンシャッド1.8縦割のダウンショットです。

この日の陸っぱりを整理すると、こんな感じでした。
・縦割で釣れた→6mくらいのレンジでワカサギパターンでも釣れなくはなさそう。
・エビを意識している良型スモールがミドルレンジをうろうろしている。

翌日の炸裂には二つ目の情報がかなり重要なヒントになりました。

6月21日(日)天気:晴れのち曇り
まずは朝イチ、季節の進行を確認するため放水路エリアへ。
シンゴスクリューを使って開始3投目で小バス。
f:id:nenashilife:20200623220112j:plain
季節進行を感じますが、チェイスの数が少ないため、浅いところに小バスが湧きまくりという状況ではなさそうでした。

ベイトも視認できて、ミドルをやれば釣れそうだったのですが、陸っぱりもいたので、移動を決断。
予報の南風が吹く前に農具沖で沈み虫展開へ。

喜代浜プロから伝授いただいた狙い方を参考にして・・・いきなりバイト!
41センチのまずまず!
f:id:nenashilife:20200623220128j:plain
その後、追加はできず、黒別荘を経由して、ジャカゴへ。

前日の陸っぱりで釣った場所近辺でベイトがいるのを確認。
ひとまずワカサギパターンのソアリンシャッドのライトキャロで25センチ程度の小バス追加。
浅い側で小バスだったので、ベイトの深い側からキャロを引いて、良さげなバイト!・・・もバラし・・・(ドラグが緩すぎ・・・)

しばらくライトキャロ展開を続けるもノーバイトで、同様にワカサギパターンで狙えるキャンプ場沖へ移動。
ライトキャロ一流し目からバイト!ワカサギ付きはめっちゃくちゃ引きますね~。
40センチでまずまず!
f:id:nenashilife:20200623220155j:plain
個人的には満足できる状況になったので、お遊び半分の8mでシャッドキャロを試すもノーバイト。

補給を取りつつ、人がいなそうな放水路へ再度イン。

ここのバスは基本ベイトを食べに来ていると思うので、核心部分であるインレットにソアリン1.8縦割ダウンショットを入れるとバイト!
まぁ、このあたりだと30センチくらいだよね?って思っていると・・・一瞬見えた魚影は・・・デカイぞ!

数分の格闘で上がってきたのは・・・47センチのビッグスモール!!!
f:id:nenashilife:20200623220218j:plain
その後、オレンジ別荘へ移動。

スクリューで釣れた小バスがエビを吐いたのに加え、良型のチェイスがあったので、前日得たヒントからRVバグを使用してエビを意識した釣りをすることに。

バスが捕食しそうな場所(後述)にキャストしてフリーフォール、着底したら回収を繰り返すのが基本で、バスが出てきて躊躇するようなら着底後トゥイッチしてリアクションで食わす感じです。

続けていると、ミドルレンジからバスが浮いてきて、視認できる気持ちいいバイト!
41センチのまずまず!
f:id:nenashilife:20200623220557j:plain
時間も少なくなり、風が止んだので再度北へ。
黒別荘からPOWPOWにかけてのエリアで同様の釣りを継続。

ギルや超小バスのバイト、良型に見切られたりと甘くない展開が続きましたが・・・エビを捕食しているビッグスモールを発見!

思わず「え?あれデカくね?」って声に出してしまいました笑

進行方向を見極めて・・・見事バイト!
かなり走られましたが、コンディション抜群の46センチ!
f:id:nenashilife:20200623220629j:plain
ワームはRVバグ1.5のサイトパールホワイトです。

これにて満足して、16時帰着・・・いろいろ出来過ぎでしたね笑

現在の木崎湖はミドルレンジをエビ系ライトキャロでやってるのが大半なのですが、サイトやミドルからバスを呼ぶエビパターンの可能性を示唆できたのではないかと思います。

この釣りは、前述したようにバスが捕食しそうな場所に落とすのが重要で、考え方はこちらの動画を参考にいただければと思います!

www.youtube.com

木崎湖最高でした^^またすぐにでも行きたい!!
それではノシ

本記事のメインタックル↓
【サイト・ミドルエビパターン用】
・ロッド:ブレイゾン642LS
・リール:ストラディックci4+2500HGSDH
・ワーム:RVバグ1.5(サイトパールホワイト)
【ダウンショット用】
・ロッド:エクスプライド262UL-S/2
・リール:ストラディックci4+C2000S
・ワーム:ソアリンシャッド1.8縦割(スモーキンシャッド)
【ライトキャロ用】
・ロッド:PSSS-70S Dアタッカー
・リール:REVO STUDIOUS
・ワーム:ソアリンシャッド1.8(ブラック)


バス釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

【木崎湖】夏(6~8月)の木崎湖攻略

こんにちは、まいねみとです。
今年は春~冬の木崎湖攻略についてシリーズ記事を書くのが本ブログの目標になっています。
季節ごとの木崎湖攻略記事リンクはこちらから。

季節 春(3-5月) 夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12月)

今回は、夏の木崎湖攻略について書きたいと思います。
予定では5月下旬にアップする予定でしたが、いろいろあり・・・もう夏が始まってる段階ですね笑
毎度のことで攻略記事ですが、個人的な振り返り的な要素もあるので、ご容赦ください。

はじめに木崎湖の大まかなポイントマップを掲載しておきます。

f:id:nenashilife:20200209191731p:plain
本ブログの木崎湖釣行・攻略記事では、このマップに記載されているポイント名が基本になります。

以下、夏の木崎湖攻略です!
1.夏の木崎湖実績ポイント(2019年)
昨年夏の木崎湖の個人的な実績エリアは以下になります。
f:id:nenashilife:20200617171604p:plain
釣行結果は以下の通り、昨年はだいたい月1で遠征してました。

釣行回数/日数 40UP
6月 1回/2日 3匹(MAX45.5cm)
7月 1回/2.5日 3匹(MAX41.0cm)
8月 1回/1.5日 0匹(MAX39.5cm)

ポイントの基本的な考え方は以下の通りです。

 ・6月はシャロー居残り組が結構いるのでディープに拘る必要はない
 ・7~8月は良型のシャロー組が激減、7~8mのベイト回り

6月はシャローにそこそこ良型の魚が残っている印象です。
アフター回復組がエビを食っていたり、ベイトをおっかけてたりするので、定番のキャロ・ダウンショットで深めをせずともプロップベイトやミノー、エビ系ワームで魚を取ることができると思います。
水温上昇とともにシャローから良型は姿を消し、7~8月にはディープ主体の釣りになりますね。ただ、朝とか夕立とか雨のタイミングで良型がトップでなんてこともあるので、タイミング次第ではやってみる価値もありそうです。

2.夏の木崎湖で有効なメソッド
夏の木崎湖メインメソッドは、ライトキャロ・ダウンショットです。
まぁ、ディープのライトリグならなんでもという感じなので、ネコリグとかでもおkです。
フリーリグやフットボールも昨年は良く釣れていたみたいですが、私は苦手です・・・

6月は、これにビッグベイトとかプロップベイト(漂わないI字系)、ノーシンカーなんかでバイトが見える釣りをできる用意する感じですね。

木崎湖ですが、基本的には全面ウィードが生えますので、ライトリグだと引っかかるとの印象もあるかと思います。
ウィード回避のためにキャロであればシンカーを軽くする、ダウンショットであればリーダーを長くする、ネコならスナッグレスにするなどの対策をすると良いと思います。

参考までに私のライトキャロのセッティングを以下に記載します。
【ライトキャロ(ドラッキング仕様)】
 ・ロッド:エバーグリーン PSSS-70S Dアタッカー
 ・ライン:東レ_エクスレッド3lb
 ・リーダー:バリバス_ライトゲーム3lb
 ・シンカー:スタジオワンハンドレッド_ラウンドショット0.9g
 ・フック:リューギ_フォグショット#8

シンカーを0.9gと極軽量にすることで、ウィードに乗っける感じで引っかかるのを回避します。(ウィードにシンカーが沈まないイメージ)
シンカーが極軽量のため、ロッドはXULとかライトキャロ専門ロッドが良いと思います。

3.春の木崎湖お勧めルアー
【ライトリグ(キャロ・ダウンショット)】
ソアリンシャッド

ひとまずこれだけ有ればよいというくらい信頼を置いているワームです。
前述のライトキャロセッティングにマスバリちょんがけで使用して、極力ゆっくりドラッキングします。
1.8インチのカラーはブラック推奨です。

このソアリンシャッドが凄いのは、縦に割ってダウンショットにすると小魚を演出することができるという点です。(通称:縦割)
具体的な動きは以下の動画を。

www.youtube.comまさに小魚という感じですね~、ワカサギ当歳魚にマッチすると思います!

ということで、ソアリンシャッドがあればキャロもダウンショットも可能です。
その時々でボトムから浮いているものが良いのか、べったりの方が良いのかありますので、反応みながらキャロとダウンショットを使い分けてみてください。

【I字系(漂わないタイプ)】
シンゴスクリュー等のダブルプロップベイト
I字系ですが、ワカサギが産卵後死にかけで漂っているイメージとは異なり、一定のリトリーブでベイトが水面下をうろついているイメージですね。
私は、シンゴスクリューというJBTOP50のSHINGOプロがプロデュースしたルアーをよく使用します。
f:id:nenashilife:20200617170727j:plain
スローシンキングなので基本は水面下10㎝位を一定のスピードで巻いて釣ります。
シンゴスクリューは入手困難なので、レアリススピンベイトとかHMKLプロップキングとかでも良いと思います。
この手のルアーはチェイスするけどバイトしないパターンが多いです。
リトリーブスピードを僅かにゆっくりにするか速くするとか調整することでバイトに持ち込める場合もあります。(基本的には去る魚は諦めです・・・

【沈み虫】
RVバグ1.5等の沈み虫系のワーム

あまり聞かない木崎湖での虫パターンですが、沈み虫で良型を狙える時期が6~7月です。
こちらはガイドで教えてもらったものになりますので、詳しい狙い方やエリアなんかはぜひ、ユウキガイドサービスを利用してみてください^^
木崎湖ユウキガイドサービス

4.2020年に試したいメソッド
昨年の経験から、今年は夏の木崎湖でシャッドキャロを試したいと思います。
昨年9月下旬ある条件下でシャッドキャロで3連続バイト、取れたのは1本でしたが40アップキロオーバーのナイスコンディションでした。
10月はダメだったのですが、夏からいけるのではと思っていました。

木崎湖は、ウィードが全面なのでシャッドキャロのやり方・場所を煮詰める必要があるので、夏からいろいろと検証していきたいと思います。

以上、夏の木崎湖攻略でした。
本記事が少しでも参考になった方がいましたら幸いです。

それでは、ノシ

バス釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

大町にルートインがオープンした件と黒部ルート見学会

こんにちは、まいねみとです。
梅雨入りということで週末は雨・・・相模湖とか湾奥シーバスモチベは上がらず笑

ということで、本日は私のホームレイク笑の木崎湖周辺の話しを。
私が木崎湖で釣りをする際は、基本的にモダンボートさんに宿泊しているのですが、時期によっては松本や大町、白馬のホテルに泊まっていることもあります。

移動を考えると大町に泊まるのがベストなわけですが、宿泊施設事情がちょっと弱い感じでした。
ビジホ的なものがあればな~と思っていたのですが、2020年5月30日に信濃大町駅間にルートインがオープンしたようです。

www.route-inn.co.jp
私のように釣り遠征需要はないと思いますが、信濃大町駅は黒部立山アルペンルート黒部ダム)の起点駅なのでそこそこ需要ありそうですね。
所謂チェーンのビジネスホテルはなかったですし、大町温泉郷も駅からは距離がありましたので。

そういえば、黒部立山アルペンルート関西電力専用区間(黒部ルート)が数年後に一般開放されるそうです。

関西電力専用区間は、黒部ダムから下流方向に伸びていて、発電所などの管理に用いられるために使用されています。
一般の方は黒部ルート見学会として、抽選に当たると見学することが可能になっています。
発電所の見学のほか、地下トンネルの合間から立山連峰の山々を観ることができる興味を魅かれる要素がある方には大変魅力的な見学会となっています笑

以前、私は高熱隧道と仙人谷ダムに行ってみたくて、黒部ルート見学会に応募して参加したことがあります。(結構な倍率でした)
f:id:nenashilife:20200614104003j:plain
関西電力専用区間のルート:大部分が地下トンネル)

f:id:nenashilife:20200614104138j:plain
仙人谷ダム:難工事の要因となった高熱隧道で有名)

一般開放にあたって高熱隧道区間(常時温度が高く素掘り)とか発電施設の警備とかどうするのか少し気になりますが、黒部の奥地でまさに秘境なので、個人的にぜひ訪れて欲しい場所です!
開放で区間内にある温泉にも入れるようになるのか気になりますね笑

黒部ルート見学会は秋の紅葉の時期ほど倍率が上がる傾向にありますが、夏の時期も緑が美しいのでお勧めですよ~。
f:id:nenashilife:20200614105524j:plain
ちなみに登山者向けとして黒部ダム欅平駅から徒歩の断崖絶壁ルートもありますが・・・見た目的にはかなり怖いです^^;(日電・水平歩道)

というわけで、大町駅に待望のビジネスホテルがオープンした件と黒部ルートについてでした。

最後に、6/18まで基本的に首都圏から県を跨ぐ移動は自粛要請が出ていますが、いよいよ全面的な解除が見えてきていますので、来週末か再来週松は、木崎湖遠征を考えているところです。
時期的にはスクリュー(ダブルプロップベイト)で釣りたいところですね笑

それでは、ノシ

2020年5月の振り返り

こんにちは、まいねみとです。
何か梅雨っぽい気候になってきましたね・・・

そろそろエアコンも始動笑という感じですが、とにかくスモール釣りたいなぁという欲求が増しているところです。

というわけで、5月の振り返り、まずは釣りから。
<釣行>

5月 木崎湖 相模湖 野尻湖 桧原湖 その他
釣行回数/日数 0回/0日 1回/1日 0回/0日 0回/0日 0回/0日

<釣果>

スモール40UP ラージ40UP ラージ50UP その他
0 0 0 0

緊急事態宣言の中、釣行は自粛しており、プリスポーンのスモールを釣ることはできませんでした。
春の木崎湖は苦手意識があったのでいろいろ挑戦したかったのですが、まぁ仕方ありません。1回相模湖に行けただけ良しとしましょう。

そういえば、偏光サングラスを新調しまして、前回の相模湖から使用しています。
尊敬するSHINGOプロも使用しているアルファーサイトのシューティングレッドのレンズで、コントラストがはっきり出てかなり集中できる感じでした。
アルファーサイトについて詳しくは↓

偏光サングラスのプロショップ・時計修理職人の店


5月末時点のポートフォリオへ。
f:id:nenashilife:20200601104935p:plain
今月から円換算の合計額を掲載。

5月は、ルール通り月末の金曜にHDVを約1000ドル買い増し。
トランプ大統領の会見を控えていたので、予算の半分だけ購入し、6月1日にSPYDを約1000ドル買い増し。

また、全体としての配当利回り調整のためMO(アルトリア)を少々月中に買い増しを実施。
タバコはオワコンでコロナで逆風の中、1Qの決算が良かったです。
一時的な買占め効果だとは思うのですが、リモートワーク主体となると喫煙がオフィスよりも促進されている可能性も考えての買い増し。
5%を超えない範囲でさらに買い増しもするかもしれません。

インデックスファンドの積立を継続的に実施している、投資信託はプラス転換。
ドルコストの強みを感じるところですね。

6月は、新興国株式の購入を予定。
今のところはタイかシンガポールの銘柄を購入したいと考えています。

この時期を書いている時点で米株高がかなり進行しています。
円安傾向で買い増しがし辛い感じになりますかねぇ・・・

それでは、ノシ。

【相模湖】ハイプレッシャーレイクの洗礼

こんにちは、まいねみとです。
土曜日は相模湖に出ました。

久々の釣り・・・まず、外でのアクティビティですら久々でしたので、リフレッシュ感が半端なかったです。
ほんとに釣りができるだけで幸せですね~。

釣果ですが、3フィッシュでエリアは以下の通りです。

f:id:nenashilife:20200531142502p:plain
プランとしてはミラリグで軽く3本くらい釣って、好きなルアーであるスクリューで遊ぶというものだったのですが・・・ボート多すぎ笑
よく考えてみるとハイシーズンの相模湖で釣りをしたことがなく・・・思うようにバイトを引き出せず、超ハイプレッシャーレイクの洗礼を受けた形になりました。

以下、詳細です。

5月30日 相模湖 天気:晴れ
前述の通りハイプレッシャーで釣れるのかこれ?という感じで小川亭からスタート。

f:id:nenashilife:20200531140943j:plain
湖上は気持ちいいですね~^

まずは、ミラージュスティック3インチのミラリグで一号区エリア。
1バイトのみ、なんか水悪いなーということで、見切って対岸へ移動。

こっちのほうが水良い感じということで、引き続きミラリグ。
するとあっさり、青田から勝瀬橋方面に50mくらい進んだところで、小バスがバイト!

f:id:nenashilife:20200531141103j:plain
やっぱり釣れるじゃんと思い、青田ワンドまで進みを奥まで丁寧に攻めるもチェイスのみ。
その後右往左往するも結局は、小バスが釣れたエリア周辺をメインにすることに決定。

お昼頃、ミラリグで表層付近を攻めるていると、デカイの浮いてキタ――(゚∀゚)――!!
・・・・バイトせず、その後もチェイスのみで15時に。(推定45cm)

時間もないし、このプレッシャーで表層付近まで出切らないのではと考え、ソアリンシャッド縦割のダウンショットに変更。
中層にいる魚を狙うためミドスト気味に攻めるとなんと1投目からバイト!
慎重に寄せてネットイン!
f:id:nenashilife:20200531141119j:plain
31cmとデカくはないですが、苦しい状況だったので、まずまず嬉しい1本!
周辺でダウンショットを継続するも追加ならず。

バッテリー残量が不安だったので早めに小川亭近辺に戻り、同様にダウンショット継続。
こんだけボートいたら釣れる気がないな笑と油断していたら、バイトが出て30ないくらいのバスを最後に追加。

f:id:nenashilife:20200531141238j:plain
というわけで、3フィッシュで終了。
40アップは出せず、悔しいところですがチェイスはあったので、もう一歩ですかね。

当日はProfessorの石川代表も出船しており、いろいろと情報交換させてもらったのですが、やはり魚のレンジが深かったようです。
早めにダウンショット等に切り替えればもう少し釣れたのかもしれませんね。

久々の釣りは、本当に楽しかったです^^
でも、相模湖はやっぱり平日がいいかな・・・笑
ノシ

本記事のメインタックル↓
【ミラリグ・ダウンショット用】
・ロッド:エクスプライド262UL-S/2
・リール:ストラディックci4+C2000S
・ライン:エクスレッド3ポンド
・シンカー(ミラリグ):0.4g
・シンカー(ダウンショット):0.9g
・ワーム(ミラリグ):ミラージュスティック3インチ
・ワーム(ダウンショット):ソアリンシャッド1.8・2.3(縦割)

思い出の野池

こんにちは、まいねみとです。
突然ですが、皆さんには心に残るフィールドはあるでしょうか。

釣りに思い出はつきものなので、私はいろいろとありますが、中でも地元の野池です。
その野池は小学生くらいから通っており、今も帰省時に時間があれば訪れています。

昔はミディアムライトのスピニングでだいたいのことをやっていました。
ノーシンカーから軽めのテキサス、シャッドなどなどとりあえず投げれそうなものなら何でも。
ベイトも持ってましたが余程のことがないと使ってませんでした笑

人口が減り続けている超田舎のフィールドです。
サイズを選らばず、釣るだけなら難しくない環境です。

人生初の50アップもその野池から、鮮明に覚えています。
12月、寒い日が続いていなかその日だけ暖かく、偶然にもブレイクが隣接するシャローを打ってました。
MLスピニングにラインは5ポンドでロボワームリーチのダウンショット。
今なら3ポンドULでとか言ってるやつです笑
ドラグ調整の考えもなかったので、切れなかったのは5ポンドだったからだと思いますが・・・f:id:nenashilife:20200524124754j:plain

さて、なぜ、このような記事を書いたのか。
それは、その野池が釣り禁止になりそうだからです。

超田舎の野池ですから、駐車問題やゴミ問題ではありません。
先日実家から水難事故が起きたと連絡が来ました。

長年通ってますから事故になりそうな場所はすぐ検討がつきます。
実際、今回の事故も過去に私が落ちたバサーを助けたことがある場所と全く同じでした。

池の一部に防水シートが貼ってあるのですが、そのシートがとても滑るんですね。
特に雑草が生えて境界が見えなくなる時があるので、私はその場所では、かなり高めに足場を取るようにしてました。

シートが少しでも濡れると登ることは困難になり、横に移動して浅いところを目指すか取水のための人工物を目指す必要があるのですが・・・
昔私が助けた時は、取水の人工物に誘導して事なきを得ました。

とまぁ、このようなことを知っていても実際に落ちた時に冷静に対処できるかはわかりません。
焦りますし、衣服等が水分含んで重くなりますからね・・・

やはり、おかっぱりでもライジャケの重要性を再認識させられました。
特に未知のフィールドでは気をつけたいですね。

それでは・・・